Office365の設定方法 その2 初期セットアップ/独自ドメインの登録

Office 365

各種インフラのリプレースに伴い、現在はクラウド上のリソース利用検討は避けては通れません。今回はOffice365の一般法人向け Office 365 Business Premium の評価ライセンスを使って、初期登録からカスタムドメイン登録、AzureADconnectを使ったアカウント同期について紹介していきます。

Office365 設定

前回 Office 365 の評価ライセンス登録を行いました。登録については前回のブログを見て下さい。

独自ドメイン(カスタムドメイン)について

Office 365 登録時には xxx.onmicrosoft.com ドメインのみ利用可能です。クライアントPCのOfficeなど利用想定であればこのままでも特段影響はありませんが、メールも利用する場合は自社ドメインなどを登録する必要があります。

今回は本サイトのドメイン ~@yuttar-ixm.com を Office 365 に登録し、~@yuttar-ixm.com でメール送受信できる環境を構築します。

なお、本作業を行うには登録するドメインを事前に取得する必要があります。今回設定するドメイン(本サイトドメイン)はお名前.com でドメイン取得しています。年額費がかかりますが非常に安いので是非取得してみて下さい。

Office 365初期セットアップ/独自ドメイン登録

Office 365 に独自ドメイン設定を行う手順を紹介します。記載の手順は新規ドメインを取得したばかりを想定しています。すでにドメイン取得済みでメールドメインとして使用している場合はDNSの登録は注意してください。


Office 365にサインイン後、「管理」アイコンをクリック


Microsoft 管理センターのホームで「セットアップを行う」をクリック


Officeのインストールはここではする必要がないので「続行」をクリックしてスキップします。


独自ドメインを登録する場合は「既に所有しているドメインを追加する」を選択し、テキストボックスに登録するドメイン名を入力します。今回は本サイトのドメイン「yuttar-ixm.com」を入力し「このドメインを使用する」をクリックします。


前項で入力したドメインの所有確認が必要になります。赤枠記載の内容を所有しているドメインのDNS管理画面で追加をします。(次項は追加例です)
※ この際、本画面は閉じずに次の手順「DNSレコード追加」を行ってください。


別のブラウザ(あるいはタブ、ウィンドウを開き)DNSに下記レコードを追加します。
下記登録例です。上記記載のTXTレコードを追加しています。


DNSに指定レコード追加後、元の画面に戻り「確認」をクリックします。追加レコードのチェックが行われます。


ドメインの所有チェック完了後、ユーザー追加画面が表示されます。今回はActive Directoryから同期させる予定なので「後で行う」をクリックして本手順をスキップします。


先ほどドメイン所有確認に使用したDNSホスティングにいくつかレコードの追加が必要で、追加が必要なレコードは使用するサービス毎に違います。①枠内で使用するサービスにチェックを入れ「CSVファイル」をダウンロードをクリックすることでCSV形式で登録が必要なレコードが確認できます。今回は「ExchangeとExchange Online Protection」にチェックを入れて進めます。

Exchange (メールサーバー)を利用予定だが既に登録ドメインで別メールサーバーを利用している場合、レコード登録はここで実施しないでください。
メールサーバー切り替えについて理解した上でDNS登録が必要です。(スキップする場合は、「セットアップの終了」をクリックします)


前項でCSVファイルをダウンロードをクリックすると登録が必要なCSVファイルがダウンロードされます。ダウンロードした情報を確認し、DNSホスティングにレコードを登録してください。
(ちなみに、前項で「セットアップの終了」などをクリックしても後で必要なレコードは確認することは可能です)


DNSホスティング側にレコード追加後、「続行」をクリックすると、登録レコードのチェックが行われ、問題ない場合課下記画面が表示されます。以上で初期セットアップ/独自ドメインの追加は完了です。


登録後、Microsoft 365 管理センターで追加したドメインが既定で登録されていることが確認できます。

まとめ

今回はOffice 365 登録後の初期セットアップ/独自ドメインの追加方法をご紹介しました。Office 365管理画面とDNSホスティングの管理画面を往復しないといけないので実際に設定を行う場合には事前に両方の画面を開いて行うことをお薦めします。

登録する独自ドメインをメールとして既に利用されている場合は、DNSホスティングへのレコード追加は注意が必要です。設定内容を理解した上で、必要なタイミングでレコード登録を行ってください

次回はActive Directoryの構築を行いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました