Office365の設定方法 その1 Office365の登録

Office 365
スポンサーリンク

各種インフラのリプレースに伴い、現在はクラウド上のリソース利用検討は避けては通れません。今回はOffice365の一般法人向けの Office 365 Business Premium の評価ライセンスを使って、初期登録から独自ドメイン登録、AzureADconnectを使ったアカウント同期について紹介していきます。

スポンサーリンク

環境

下記環境で構築を行います。とりあえずシンプルな構成を想定してローカルドメインとメールドメインが一致した環境とし、Active DirectoryおよびOffice365環境を新規導入を想定します。

環境情報
AD環境Windows Server 2016 Std
ローカルドメインyuttar-ixm.com
メールドメインyuttar-ixm.com
Azure AD connectAD同居
Office 365Office 365 Business Premium

Windows評価ライセンス

マイクロソフトではOS等各種製品の評価可能なインストーラー(ISO)を提供しています。今回は本サイトからWindows Server 2016 評価版をダウンロードして仮のAD環境として構築します。

Office 365 評価ライセンス

Office 365 では、評価ライセンスを提供していて1か月間無料で試すことが可能です。今回はExchange Onlineが利用可能な Office 365 Business Premium を使ってみたいと思います。

なこ
なこ

最近はやっぱりオンプレミスよりクラウドですよね!Office365の導入でクライアントのOfficeだけでなくメールサーバーとかもクラウドに移行できるんですね!

ヒロ
ヒロ

そうだね。移行のフローを考えると色々あるだろうけど、ただ導入するだけであれば思った以上に簡単に出来るから覚えておくといいよ。

Office 365 評価ライセンス登録

Office公式サイトの一般法人向け「プランと価格」にアクセスします。


上記サイト下段に表記されている「1か月間無料で試す」をクリックします。


メールアドレスを入力し「次へ」をクリックします。入力には普段利用されているメールアドレスを入力します


未登録のメールアドレスの場合は下記画面になります。「新しいアカウントを作成」をクリックします。ここで作成するアカウントは無料です。


登録情報を入力し「次へ」をクリックします。


SMS認証か音声通話認証を選択後、電話番号を確認し「確認コードを送信」をクリックします。なお、電話番号は前項で入力した値がセットされていますが変更が可能です。


SMS認証の場合はSMSに送られてくる認証コードを入力して「確認」をクリックします。


認証後、onmicrosoft.com のサブドメインを入力し「次へ」をクリックします。サブドメインは使用済みだと使えません。入力後「利用可能かどうかを確認」をクリックすることでチェックすることが可能です。


Office365アカウント情報を入力し「サインアップ」をクリックします。ここで入力するアカウントが管理者権限を持つアカウントになります。


評価ライセンスでの登録は完了です。25ライセンス、30日間利用が可能です。


URL https://www.office.com/ からサインインを行います。サインイン後、下記アイコンクリックでOffice 365管理画面(Microsoft 365 管理センター)を開くことが出来ます。

まとめ

以上でOffice 365 の評価環境の準備は完了です。この状態でアカウントの作成や ***.onmicrosoft.com ドメインでのメール送受信は可能となっています。ただ、通常は会社のメールドメインを独自に持っているかと思いますので、次回は独自ドメインを設定する方法を紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました