【python/LINE】pythonからLINE通知をする方法

python
スポンサーリンク

アラート通知がメールのみで、外出中だと確認は出来るけどメールの内容を確認する必要があるので中々即気づけないといったことはないでしょうか。今回はそんな通知を外出中でも即把握することが出来るLINE通知をpythonから使ってみたいと思います。

-- 実行環境 --
Windows 10 64ビット版(1903)、python 3.7.4

スポンサーリンク

LINE Notify

pythonからLINE通知を行うには、LINEが提供しているサービス LINE Notify を使用します。 機能は指定のトークルームにLINEメッセージを流すだけのもので、非常にシンプルかつ簡単に利用が可能です。

なこ
なこ

プログラムからLINEにメッセージ投げれるんですか?

ヒロ
ヒロ

そうだよ。しかもインターネットにHTTPSで通信できる環境であれば使用できるからF/Wに穴開けたりすることなく簡単に使えるんだ。 素早く複数人に通知を送れ、外出先でも簡単に通知を受け取れるというのは非常に便利だよ。

なこ
なこ

それならサーバー監視とか、別で作っている仮想通貨自動売買システムの通知とかでも使えそうですね!このLINE Notifyは費用どれぐらいかかるんですか?

ヒロ
ヒロ

使用するのにLINEアカウントが必要になるけど、無料で利用することが出来るよ。興味があったら簡単に試せるから一度登録してみるといいんじゃないかな。

LINE Notify/事前準備

LINE Notifyを使用するためにはLINEアカウントとメッセージ通知先のグループが必要になります。必要に応じて事前に準備してください。今回はテスト用に「サンプルGr」を作成してそこに通知を行います。

LINE Notify/アクセストークン発行

LINE Notifyを使用するためにはアクセストークンの発行が必要となります。 トークンの発行はLINE Notify公式サイトから行います。

ヒロ
ヒロ

画面にも表示されている通り、トークンは発行時にしか確認できないから必ずコピーしてから画面を閉じてね。

LINE Notify/グループにLINE Notify招待

最後の準備になります。通知を行うグループ(今回はサンプルGR)に LINE Notify を招待してください。

pythonからLINEにメッセージ通知

LINE Notify API Document は下記に公開されています。今回はアクセストークンに関連付けられたグループに通知が行うサンプルをご紹介します。

import requests 

# エンドポイント
url = "https://notify-api.line.me/api/notify"

# メッセージ生成
ACCESS_TOKEN = '******* Access Token *******'
message = "サンプル メッセージです。"

headers = {'Authorization': 'Bearer ' + ACCESS_TOKEN}
payload = {'message':  '\n'+message}

# 通知実施
r = requests.post(url, headers=headers, data=payload)
なこ
なこ

メッセージ届きました!こんなに簡単に出来るんですね。

ヒロ
ヒロ

API Documentには画像送信とかも記載あるから試してみるといいよ。pyautogui使って画像取得してOpenCV使って画像分析して結果をLINE通知するとか色々夢が広がるね。

まとめ

今回はpythonからLINEに通知を行う方法をご紹介しました。非常に簡単に無料で通知が行えること、通信要件が敷居が低いことから使いどころは色々あるのではと思います。

例えば、LINE通知でアラートが発生していることだけが分かる簡易なメッセージを通知し、詳細はメールなどで通知するなどすればセキュリティの不安もなく、素早くアラートに気づくことが出来るのではないかと思います。

興味がありましたら是非試してみて下さい。
最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました